CentOS に ORACLE インストール

仕事でORACLE使うとこになりました。
とりあえず社内環境のCentOSにインストールしてみます。
参考にしたページは以下。
http://itmemo.net-luck.com/linux-centos-oracle-xe-install/


# yum install unzip
# unzip oracle-xe-11.2.0-1.0.x86_64.rpm.zip
# yum install libaio
# yum install bc
# rpm -ivh Disk1/oracle-xe-11.2.0-1.0.x86_64.rpm

ここでエラー。swap領域が足りないとのこと。増やす。
This system does not meet the minimum requirements for swap space.

# dd if=/dev/zero of=/swap bs=1G count=2
# mkswap /swap
# swapon /swap
# vi /etc/fstab
/swap swap swap defaults 0 0 # 追加
# cat /proc/swaps # 確認用
# rpm -ivh /home/admin/Disk1/oracle-xe-11.2.0-1.0.x86_64.rpm
# /etc/init.d/oracle-xe configure

ポート番号はデフォルトにしました。
パスワードは管理アカウントである system のパスワードになるようです。
後で使うのでメモしておくと良いです。

# . /u01/app/oracle/product/11.2.0/xe/bin/oracle_env.sh
# sqlplus system
SQL> select * from v$version

# vi /etc/sysconfig/iptables
-A INPUT -m state –state NEW -m tcp -p tcp –dport 1521 -j ACCEPT # 後々必要になりそうなので追加
-A INPUT -m state –state NEW -m tcp -p tcp –dport 8080 -j ACCEPT # 追加
# /etc/rc.d/init.d/iptables restart

ブラウザから http://oracle.mnst:8080 で接続。
Basic 認証は system / さっきのパスワード

英文を読みたい

最近プログラマになりましたが、英文読めなくて仕事に支障がでてきたので勉強します。
とりあえず読めて理解できればよいです。


* 受動態
be動詞 + 過去分詞
Audio tracks are represented on a video element as an AudioTrackList object

* 名詞
冠詞 a, an, the がついたら名詞確定。最初大文字も名詞確定
a video element as an AudioTrackList object

* 関係代名詞
ケツの方の that と which は補足説明
Audio tracks are represented on a video element as an AudioTrackList object, which contains one or more audio tracks.

* 品詞の割合
名詞60%、動詞30%、形容詞他10%くらい
http://www.global-elite.link/word/20151026

* イディオム/単語
A is used to get B | A は B を取得するために使用される
also | また

* 不定詞
to + 動詞で名詞っぽくなる
the loadeddata event to check whether the video element itself has fully loaded.

React ってなに?

JavaScript で html の要素を書いたりできるようです。

これが

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <meta charset="UTF-8" />
  <title>Hello React!</title>
</head>
<body>
<div id="example"></div>
    <h1>Hello, world!</h1>
</body>
</html>

こう書けたり、

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <meta charset="UTF-8" />
  <title>Hello React!</title>
  <script src="https://npmcdn.com/react@15.3.1/dist/react.js"></script>
  <script src="https://npmcdn.com/react-dom@15.3.1/dist/react-dom.js"></script>
  <script src="https://npmcdn.com/babel-core@5.8.38/browser.min.js"></script>
</head>
<body>
<div id="example"></div>
<script type="text/babel">
  ReactDOM.render(
    <h1>Hello, world!</h1>,
    document.getElementById('example')
  );
</script>
</body>
</html>

こう書けたりするようです。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <meta charset="UTF-8"/>
  <title>Hello React!</title>
  <script src="https://npmcdn.com/react@15.3.1/dist/react.js"></script>
  <script src="https://npmcdn.com/react-dom@15.3.1/dist/react-dom.js"></script>
  <script src="https://npmcdn.com/babel-core@5.8.38/browser.min.js"></script>
</head>
<body>
<div id="example"></div>
<script type="text/babel">
  ReactDOM.render(
    React.createElement('h1', null, 'Hello, world!'),
    document.getElementById('example')
  );
</script>
</body>
</html>